最も丈夫なレザー素材とは?


出来るだけ長持ちするバッグが欲しかったので伊勢丹の小物売り場の店員さんに聞いてみました。
その人曰く「牛革」とのこと。


予想通りの返信に多少拍子抜けしましたが、やっぱり牛革が最も丈夫なようです。

牛革の中でもキップスキン等の柔らかいレザー等もありますけどね。
店員さん的にはブライドルレザーが牛革の中でも一番だそうです。
革にロウを塗りこんだレザーですね。光沢が素敵な印象があります。

じゃあブライドルレザーのバッグにしようかな~と売り場を覗いてみたところ、めちゃくちゃ高いことに気づきましたw
オールレザーのブリーフケースが80000円とかするから!!!
おいおい、桁が一つ多いんじゃないか?

と貧乏人気質の私なんかは思っちゃいましたが、ちゃんとしたブランドならば当たり前の価格のようです。
百貨店なので定価販売しているせいってのもありますけどね。
あとバッグは使うレザーの量が多いので必然的にコストは上がっちゃうんでしょうね。

財布とかだとブライドルレザーでも1万切る商品も結構あったりするから。
出来れば2万円前後で買いたかったのですがどうやらそれは難しそう。
ナイロンベースで部分的にレザーを使用したバッグくらいしか買えそうにありませんね。

3万円でオールレザーのやつもあったけど、そのバッグは牛の底革を使っているらしく品質的にはイマイチみたい。
表面にコーティングがしてあったので高級感はすごかったですけどね。
でもコーティングしてあるバッグはクリームとか塗り込めないと思うので、個人的にはナシ。

コーティングはいつかは剥がれちゃいますからね。長い目でみるとスムースレザーのような素材が好ましいんではないかと。
結局伊勢丹では買えなかったので自宅に帰って現在検討中。
ネットだと並行輸入品が豊富にあるので、それも候補に入れています。

ドンキとかも並行輸入で安く仕入れているみたいだけど、ドンキで扱っているブランドバッグはダンヒルとかヴィトンとかグッチとかちょっと派手すぎるものばかり・・・。
もっと地味でいいんですよ、知る人ぞ知る、みたいな。
明らかにブランド物!みたいな見た目の物はちょっと敬遠してしまいます。

仕事で使うので会社の人たちにも色眼鏡で見られそうだしさ。
黒かダークブラウンで丈夫で長く使えるレザーバッグ、これが希望です。
ブランドは基本こだわらないけど出来れば英国製がいいかなー?

皮製品の本場で感じがするし、英国は。
予算も3万まではなんとか増やす予定。これでも正直足りないのはわかってるけど安月給の身ではこれが限界さ・・・・。

根気よく気に入った物を探して行きたいと思います。

 

記事一覧


このページの先頭へ