バッグの使い分けについて


ビジネスマンたるもの、TPOに応じてバッグの使い分けをしていきたいですね!


基本的にはナイロンの使いやすいバッグで良いですが、それなりの年齢・役職に付いている人であれば良質なレザーバッグを一つはもっておきたいですね。
取引先との雑談のネタにもなりますし、所有者の優越感も満たしてくれる物ですから。

私は最初に就職した会社の上司に、ちょっと借金してでもいいからスーツと靴、バッグは良い物を買えと教えこまれました。
その上司は尊敬出来る人だったので私はその言葉どおりに行動しましたね。


靴はリーガル、スーツは青山のちょっと良い物、バッグはtumiを選択しました。

それ以来ナイロンバッグはTUMI一択ですね。
収納力にも優れていますし、なによりも丈夫なのがありがたい
朝は自転車で駅まで行き、満員電車でもみくちゃにされるので丈夫なバッグじゃなければやっていけないですから。

今は福岡で働いているので車通勤。


たまに東京時代の満員電車が懐かしくなることもありますが、やっぱ車通勤は快適ですわ。
あの満員電車はほんと精神を病んでしまいますから。

仕事の疲れプラス通勤の疲れが溜まってくると、イライラするし仕事でのミスも多くなる。
入社後半年くらいたったらラッシュ時を避けて朝早めに出社することにしたので、それはナイスな選択だったと自分でも思っています。
感覚的にはストレスが半分くらいになった印象

この経験から多少家賃が高くなっても会社の近所に住んだほうが結果的にはQOLは高くなるんだなぁということを学びましたね!
身の回りの物と同様、住居にかけるお金もケチってはいけないんだなぁ、と。

ちょっと話はそれてしまいましたが、バッグの使い分けはビジネスの効率もUPさせてくれます。
私の場合はPCを入れるかいれないかでもバッグを使い分けます。
利便性の面でも向上しますし、バッグ本体の寿命も伸ばすことが出来ます。

安くい商品を頻繁に買い換えるのも一種の方法ではありますが、それでは良い物を見極める選定眼を鍛えることが出来ません。
ビジネスシーンにおいて選定眼が優れいることは必須の能力。
仕事の時だけ上手くやろうってのははっきり言って無理です。

普段の私生活から意識をしてこそビジネスの場でも結果が出るというもの。
そういう意味でも身の回りの物のグレードを上げるのは意味のあること。
日用品を選ぶ時にも安くていいもの、高くても最高の物を選ぶ敷を持つことが優れた選定眼を手に入れる早道です。

身の回りをみてみるとそろそろ寿命かな?ってアイテムが必ずあるはず!
まずはそのアイテムの買い替えを真剣に検討し、コストパフォーマンスに優れた物を選んでみましょう。

 

記事一覧

 

このページの先頭へ